やっちゃえ先生ブログ

教員の、教員による、教育のためのブログ。 大胆かつ繊細に、実のある記事を。 民間企業→私立中高一貫校→私立高校(今ココ)。

燃えたよドラゴンズ…イニング別失点の球団比較が教えてくれること

Chunichi Dragons

プロ野球、約4分の1にあたる試合数を消化しました。

私のひいきは中日ですが、どうしてこんなに弱くなってしまったのか…切ないですね。

2000年代の黄金時代を知る中日ファンとしては、近年の弱さは本当に切ないです。

ではなぜ弱いのか、についてです。

「1点しか取れないなら0点に抑えればいい」

これは2000年代の黄金時代を率いた落合監督の言葉。「オレ竜」時代が懐かしい、と思ってしまうのですが、決して落合監督の言葉だから、ではありません。

野球とはそういうスポーツです。

特に、12球団屈指といってもよいくらい、投手有利なナゴヤドームという本拠地球場をもつ中日ドラゴンズ。

やはり守り勝つ野球を基本とするのが、勝つ確率を高めるために必要な方針だと思います。

イニング別失点が教えてくれること

まだそこまで顕著ではありませんが、面白いデータがありました。

 f:id:Yacchae:20170511213323p:image

プロ野球 ヌルデータ置き場 中日 - チームデータ -

これを見てわかるように、中日のイニング別失点は4~8回に多くなっています。先発陣の立ち上がりがいかに優秀かがわかりますね。

ただ、逆に言うと、先発が2・3周り目の打順を迎える4~6回、そして中継ぎにスイッチした7・8回の失点が多いです。

今日は岡田が7回につかまって3点取られて逆転負けですね。本当に痛い。

岡田は日本代表に選ばれましたが、去年のよいときから球速が10~15km/hくらい落ちているのが気になります。まっすぐのキレ勝負できる投手ですが、130km/h前半の直球とスライダーとのコンビネーションだけではやっぱり打たれてしまいますね。

比較すると面白い セリーグ首位の阪神は…

ちなみにこれ、阪神です。

PCで見たので多少レイアウトが異なりますが、データとしては同じ。

得点も失点も初回が最も多い、というのは特徴的ですね。確かに、初めから殴り合いのような試合が多いイメージ。

f:id:Yacchae:20170511214440p:plain

プロ野球 ヌルデータ置き場 阪神 - チームデータ -

対照的なのがパリーグ首位の楽天

初回の失点はまだ一度もしたことがない!!!

これはすごいですね。安定して試合に入れるのは強いチームの1つの在り方ですね!(なお阪神)

f:id:Yacchae:20170511220518p:plain

プロ野球 ヌルデータ置き場 楽天 - チームデータ -

そして失点は9回が最も多いというデータも面白いです。が、それが負けの原因となった、という試合はそこまで多くないですね。

もう一つすごいなと思うのは、7回の失点の少なさ。中継ぎの安定が光ってますね。

おまけ:5回にすべて集中!西武!

これはこれで特徴的すぎますね!勝っても負けても「5回」が山場!というチームです。

また、序盤の失点は多いですが、中盤以降の失点は少ないです。となると、ライオンズの課題は先発なのでしょう。f:id:Yacchae:20170511221012p:plain

プロ野球 ヌルデータ置き場 西武 - チームデータ -

中日は浮上できるのか?

投手陣の駒がやはり足りません。役割も決まっていません。

ビシエド・ゲレーロが調子を取り戻し始めている中で、全体で4人の外国人枠をどう使うか。バルデス、ジョーダンも外せないとなると、日本人が中継ぎをしっかり構築しなければいけません。

あるいは、ジョーダンを中継ぎに回し、日本人先発がもう1枚しっかりすればいいのですが、今の好投を続けるジョーダンの配置換えはないでしょう…

その意味では、鈴木翔太、小笠原、そしてドラ1の柳の3人にかかる期待は大きいですね。とにかく彼らを先発としてしっかり育ててほしいです。

 

 1年前に書いた記事。

このときにも、中継ぎ陣の課題について言及していますが、結局変わっていないということです。となれば、やはり監督・コーチ陣スタッフの責任は大きいと感じます。プレーするのは選手ですが、結局役割が固定できていないのです。

www.yacchaesensei.com