やっちゃえ先生ブログ

教員の、教員による、教育のためのブログ。 大胆かつ繊細に、実のある記事を。 民間企業→私立中高一貫校→私立高校(今ココ)。

中日はなぜ1点差の9回1死1・2塁フルカウントでランエンドヒットをしかけたのか、考え方を解説する

f:id:Yacchae:20170719220938p:plain

野球の醍醐味がつまったような猛烈な追い上げを見せていたドラゴンズでしたが、今さっき試合が終わってしまいました、残念です。でも野球の見どころ、考え方、おもしろさがつまっていたので解説します。


baseball.yahoo.co.jp

試合展開と状況を整理する

巨人は冷や汗ものの展開、中日としては押せ押せの展開。

相手の守護神カミネロを攻め立て1死1・2塁でした。

今日の試合は巨人先発のルーキー畠投手のナイスピッチングで、8回までまったく中日が勝てる空気ではありませんでした。

しかし、8回に2点を返し、9回も先頭3連打で3点差、代打直倫の2点タイムリーで1点差、続く大島のヒットで、2死1・2塁、打者はHRキングの4番ゲレーロ、という状況です。

1点差の9回1死1・2塁フルカウントにおける采配の考え方

さあここで、ゲレーロはボール球の変化球に手を出したこともあり、フルカウントに追い込まれます。でも相手のカミネロも追い詰められている、そんな状況。

采配をふるう側で考えますが、中日サイドとしては、これだけは避けたい、というのが、

ゲレーロが内野ゴロを放ち、

ゲッツーで試合終了

というパターン。

これを避けるために中日ベンチがとった作戦が、

1、2塁走者をともに走らせて、ゲレーロが内野ゴロを打ってもゲッツーにならないように(結果的に2死2・3塁となるように)する「ランエンドヒット」の作戦です。

大変おこがましいですが、私はこの作戦は間違いだったと考えています。

なぜこの采配が間違っているのか?

理由は、2つ目のリスクを背負うからです。

それが、まさに現実で起きてしまった、

ゲレーロが三振に倒れ、走っていた2塁走者が3塁で刺され、「三振ゲッツー」で試合終了

というものです。

①ゲレーロ内野ゴロゲッツー試合終了というリスク を避けるために、

ランエンドヒットの作戦をとり、その代わりに、

②ゲレーロ三振盗塁アウトの三振ゲッツー試合終了というリスク をとったわけです

これは、リスクを回避しているようで、違う同程度のリスクにすり替わっただけです。

どうせゲレーロで終わるなら、①のように打ってゲッツーだった仕方ない、の方がよほどよいと思います。

私がこう考えるのはもう1つ理由があります。

次打者がビシエドという意味

ゲレーロの次はビシエドなのです。普段は4番を打っている選手、決して調子が悪いわけではありません。

なぜこれが大きな意味を持つかというと、

中日ベンチが実際に取ったリスク①を回避するランエンドヒットの作戦が成功しても、ビシエドが敬遠され、6番藤井との勝負になる

ことが目に見えているからです。

もちろん、ゲレーロが三振せずにフライ等で凡退すれば2死1・2塁でビシエド勝負になると思いますが、この際は逆転サヨナラを恐れて巨人の外野はグッと深く守るでしょうから、半端なあたりでも同点が見込めます。

というか、ゲレーロ・ビシエドで勝負を仕掛けてダメならあきらめがつきます

確かに藤井選手は走塁・守備と定評があり、打撃も意外性のあるいいバッターですが、ゲレーロ・ビシエドと比べると、長打の可能性含め、やはり一つ劣ってしまいます。

ゲレーロ・ビシエドのきもち

あの場面のランエンドヒットという作戦は外国人2人にとって、あまり信頼感を与えるサインではないと思います。

ビシエドは「ゲレーロが打てなくてもおれに回してくれれば」と思うでしょう。三振ゲッツー試合終了では、ビシエドの気持ちも悔しいまま。

ゲレーロにしても、あれは「三振だけはするな」というサインなのです。

イケイケムードの中で、チームで最も頼れる4番として打席に入っている選手なのに、期待していないことを示してしまう、言い過ぎかもしれませんが、少し委縮させるような効果があります。

ここまでの舞台を整えたんだから、最後はチームで最も頼れる4・5番に任せた!ゲッツーでも仕方ない!と割り切れなかったのが、ベンチの消極性だと思います。森脇コーチの緻密な作戦故かもしれませんが、、かみ合いませんでした。

 

結果論かもしれませんが、そういうわけであの作戦はないだろう、と思っているのです。この負けは相当に痛い負けです。結局6-0から5点追い上げて、最低でも同点、あわよくば逆転サヨナラのムードでもあっただけに、悔しすぎる。

 

おわりに

これで今季巨人には相当分が悪い通算成績になりました。

ルーキーの畠選手は、某どすこい選手の不祥事に動かされないナイスピッチングでしたが、中日としては、痛すぎる負けです。今年は勝率5割、3位に入れるかどうか、という戦いをしています。結局、こういう紙一重の試合を取れるかどうか、で去年も勝てなかったのです。

あさってから、今季一度も勝ててない鬼門広島。勝ち越しを、と言いたいところですが、この負けをどうつなげてくれるのか、注目するしかありません。

www.yacchaesensei.com