やっちゃえ先生ブログ

教員の、教員による、教育のための探究記。 大胆かつ繊細に、実のある記事を。 民間企業→私立中高一貫校→私立高校(今ココ)。

やり過ごせるディスカッションをさせてしまった!〜授業のふりかえり〜

Free stock photo of hands, people, desk, office

やり過ごせるアクティブラーニング

今学期もディスカッションをしています。

が、なんとなく“冷めた大人のディスカッション”を見ている気持ちになることがある。

いわゆる「アクティブラーニング」が使われなくなったのは、こうした要因があるからだと思います。

つまり、「主体性」と「深さ」のないディスカッションも“アクティブラーニング”として誤解されてしまう可能性を危惧したから。

だから、「主体的・対話的で深い学び」という表記になったのでしょう。

では最近の自分の授業はどうなのか?

夢中になってしまう仕掛け

これが足りないからそうなってしまうのだろうか?

倫理や政治経済という科目で、「楽しくないかもしれないけれど見なくてはいけないものを見ようとする」授業に偏りがちだからか?

なんだか去年の授業よりも授業デザインがうまくできていないような気がしてならない。去年よりも時間を取れていないこともあるけれど、

  • 自分ごととしてとらえられる
  • 状況に感情移入できる

そういう内容なら、生徒は夢中になって(いるように見える)ディスカッションをする。

 

夢中になっている=良い」ではないけれど、少なくとも授業を有意義なものとしているように見える。

でも同時に、生徒が有意義だと思っていれば良い授業か?というとそうでもない。

今日の授業で生徒がどのような変化をするのか?」ということこそ先にあって、生徒の満足度はそのあとに来るのかもしれない。うーん、今日はなんだか考えられない。

深く考える頭のメモリが残っていない

40人いたら40人が腰を据えて話し合っていないと気が済まないのは、教員のエゴかもしれない。

よく、こういう状況に対して「生徒の学ぶスタイルは1人1人違うのだから、ディスカッションが不向きな生徒もいて、そのことは悲観すべきことではない」という言説がある。

それを「学びの個別化」として良いのか?という疑問は消えない。

価値観を交流させるためだけなら、ディスカッションでなくても紙に書いて回していけばよい。アセスメントもなしに、なんとなく対話させるだけなら、簡単なんだよな。

www.yacchaesensei.com

なぜディスカッションがうまくいかないか?

生徒に聞いて、じっくりやりたい。

1コマ1コマの中で、生徒と教員が対話しながら「場の価値の最大化」を図る授業になっているかというと怪しい。

岩瀬先生の『みんなのきょうしつ』を読んで、小学校の担任が授業でできることの幅広さと、児童1人への関わりの深さや観察する機会の多さを見て、なんだかがっくりきているのかもしれない。

iwasen.hatenablog.com

みんなのきょうしつ

みんなのきょうしつ

 

そして隣の芝は青いのかもしれない。

なんだか今日は会議が長すぎて思考も散漫です。備忘録的に残しておくための記事。

生徒の大福帳を読んでから、もう少し考えよう。生徒をみて、対話してぐるぐる悩もう。

おわりに〜思い返す!〜

今思い返したけれど、

今日は役割を与えた方が対話が機能するチームもあれば、そうではない自分たちの意見でディスカッションを進められるチームもあった。

この見極めをして、そのチームにあった進め方をしてよい、と提案すればよかったか?

今やり直せるなら、これがベストだったかな。

(それができたら、学びの協働化をしつつ個別化を図れていることになるのか?)