やっちゃえ先生ブログ

教員の、教員による、教育のための探究記。 大胆かつ繊細に、実のある記事を。 民間企業→私立中高一貫校→私立高校(今ココ)。

広尾学園のすごいところを教員目線で解説する〜オンラインで定期試験を実施してもいいですか?〜

f:id:Yacchae:20180524200555p:plain

というつぶやきから、「話題の広尾学園さんってどうなってるんだろう?」とふと思い、

学校ホームページを見ていたら色々考えてしまったので共有させてください(笑)

もくじ
  • ①常勤教職員1人あたりの生徒人数が…!
  • ②部活動ではこんな規定が…!
  • ③授業を私物化しない工夫…!
  • ④授業のシラバスが…!
  • なぜ公開しているのか?
  • おわりに
続きを読む

教育実習生に雑用をさせる学校は控えめに言って終わっている

ようやく怒涛の面談・保護者会・試験・部活引率の波を乗り越えたでしょうか。

昨年度は2ヶ月にひと波どばーんと来ていたのが、今年度になってから月1ですね。

そんな波を越えようとしている最中、流石に憤慨せざるを得ないメールが回っています。実習生受け入れに関して。

https://images.pexels.com/photos/734168/pexels-photo-734168.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&h=350

なぜ行事と重ねて受け入れるのか?

続きを読む

授業準備が終わらない!教員の悩みとどう向き合う?〜「1学期分は終わらせておく」の真意〜

授業準備が終わらない!!

…祝日のないGW明け〜7月頭に教員が直面する悩みの1つではないでしょうか。

かく言う私も「終わった!」と100%の気持ちで授業に臨めることは多くありません。

ただ、授業準備の考え方については、先輩方に教わってきたこと・取り組んできたことがあるので、まとめてみたいと思います。

http://4.bp.blogspot.com/-WZyKyp6ZvCY/UWLZzionZUI/AAAAAAAAPrQ/C0d10QXQGSc/s400/teacher.jpg
続きを読む

二者面談を続けていると社会人経験が生きてくる?〜民間経験者が教員になるメリット〜

GW明けの二者面談を継続しています。 

http://1.bp.blogspot.com/-jHZuImR1ask/Us_NWqk3HmI/AAAAAAAAdHo/nNOGUiNu3po/s180-c/akusyu_man_gaikokujin.png

高校生の面談をしていると、当然進路やキャリアの話につながってきます。

海外で働きたい、という生徒

その時に生きるのは自分が民間企業で感じていたこと。

転勤も経験したし、海外出張もあったけれど、感じていたのはいつもこれ。

続きを読む

担任がGW明けに年度初の二者面談を行うべき理由とは?〜面談にはふせんを使う?〜

https://3.bp.blogspot.com/-aH_J7gfE_AQ/Uab3qJEWCjI/AAAAAAAAURc/GlY2LWOHgkQ/s400/hellowork_mendan.png

今日から生徒も私も社会復帰。GW明けにいきなり面談をしています。

なぜこの時期に面談を入れているか?

端的に言えばコレです。

続きを読む