やっちゃえ先生ブログ

教員の、教員による、教育のためのブログ。 大胆かつ繊細に、実のある記事を。 民間企業→私立中高一貫校→私立高校(今ココ)。

担任・クラス運営

主体的で深い学びを実現している生徒が本当にすごい!~ソクラテスの語る教育とは?~

教育とは何か?ということを考えたことがあるだろう。古代ギリシャの哲学者・ソクラテスをご存知だろうか? 無知の知を自覚し、対話を通して真理の追求を目指した哲学者だ。(簡単に言いすぎ) 上の絵はあの有名な「ソクラテスの死」。「悪法も法なり」と言…

リクルートと河合塾が高1・2向けに新展開するテストの狙いとは~ピンチを迎えるのはあの大企業?~

夏。教員にとっては、引率と読書に明け暮れる夏。 当然部活もあるが、幸いブラック部活化しておらず、そこまでの勤務負担はない。だからこそ、この立場に甘んじていてはいけない、とひたすら読書をしていたら、友人がこんなニュースを知らせてくれた。

オバマからSHINZOに送る珠玉のアドバイスがこれだ。~リーダーの条件、1つだけあげるなら?~

国であれ、組織であれ、トップに立つ者には度量が必要だろう。 都議会選の自民党敗北から、自民党がどう巻き返すのか、が次の国政選挙までに試される。先日の前川元文科省事務次官の国会招致は、今まであれだけNOと言っていたのに、都議会戦の結果を受けて…

【実践報告】生徒に50分まるっと預けてグループプレゼン!~当たり前を問い直す倫理~

怒涛の6月。限界に近づいていますが、ここで踏ん張れば夏休み、と全国の教員は今日も生徒以上に夏休みを待ちわびて奮闘しているはず(笑) 今日は生徒にさせてみたグループプレゼンの授業の話を。

授業中に寝る生徒を起こす?起こさない?~今日はお悩み暴露会~

結論から言うが、寝させたら負けだと思っている。 (皆さんのブログを拝見して、「です・ます調」よりも「だ・である」調の方が頭に入ってきやすいと今更気付いたので、今日は後者でいきます←あ) 保護者会にて…

教育実習生のこと覚えてますか?~実習生を迎える学校が意識すべきたった1つのこと~

教育実習、各校で始まっていますでしょうか? 教員養成課程も昔に比べると要件が厳しくなっている(介護等体験など)ようで、実習までたどり着いた人たちは、これが取得単位としては総仕上げになることがほとんどでしょう。先に言いますが、

指示待ち人間にさせないために大切なことは?~葛藤を抱えていればいるほど…~

「指示待ち人間」 …今日、言われたくない言葉の代表例かもしれません。 だから、教育現場でも、「主体的・対話的で深い学び」を実現すべく、アクティブラーニングなどが声高に叫ばれ続けているわけです。 ただ、行動あって学びなし、という批判があるように…

授業が劇的に変わる「質問づくり」実践まとめ⑤〜質問の生かし方と効果的な振り返り〜

「質問づくり」の連載 第5回 おそらく、最終回です! もうくどいような気がしますが、「質問づくり」授業の「全体の流れ」を整理しておきます。今日はこの流れの青字の部分の実践報告とプチ解説です!

授業が劇的に変わる「質問づくり」実践まとめ④〜優先順位をつける+その後は?〜

新天地の1週間の流れをなんとなく把握し、更新頻度をそろそろあげていきたいところです。ちなみにこの記事で150記事。ヨタヨタですが、だいたい1年で150記事です。 pv数も安定していただいています。ありがとうございます! 「実のある記事!」と「とにか…

授業が劇的に変わる「質問づくり」実践まとめ③〜2つの質問を操る!〜

「質問づくり」実践まとめ記事第3弾です!

授業が劇的に変わる「質問づくり」実践まとめ②〜4つのルールでいざ質問づくり!〜

「質問づくり」の授業実践報告です! 前回記事の続編です!遅くなってしまいました! 今日は、「質問の焦点」を設定・提示した後のプロセスについてまとめます。

授業が劇的に変わる「質問づくり」実践まとめ①〜「質問の焦点」はこう設定する〜

2017年度の「質問づくり」が本格的に始動しました。 こちらの記事p2-3では「ハテナソン」として紹介されています。 http://kyoiku.yomiuri.co.jp/kaihou18.pdf 今日は昨年度の自分の実践も踏まえて、まとめを書いておきたいと思います。

授業開始!「質問づくり」と「大福帳」!

ついに新天地での授業開始です! またもや「新人」としてのスタートは、多少できなくても大目に見てもらえるので、ラッキーです。が、経験者としての手腕も問われています。教員である以上、必ず授業で勝負します。 退勤途中なので手短になりますが、今年度…

今年度は授業で大福帳をやってみたい。〜twitterで大福帳ってできないの?〜

明日からまた「新人」としてデビューするわけですが、 いきなり結構重たい授業を持たせていただくことになり、猛烈なプレッシャーで思考がまとまらず、引っ越しの段ボールを解体する単純作業だけがはかどっています。 どうもこんばんは。記事のポイントを最…

【ご報告】学校を移ります。ブログは続けます。

大変ごぶさたしてしまいました。 というのも、年度末の怒涛の業務・引っ越し…でようやくインターネットを開通させ、ブログをきちんと書ける環境が整いました。失礼いたしました。 ◯年度末に喜ばれる「仕掛け」のはなし 年度末はこんなことをしていたので、怒…

年度末だからこそ!生徒にも保護者にも喜ばれるたった一つのしかけとは?

年度末、私の中での最繁忙期です。先週が山場で全くブログを書けない状態でしたが、書きたい欲がうずうずしているあたり、ブログを続けてきた成果なのでしょうか…でも毎日更新されている先生方は本当にすごいなと思います。 ◯年度末だからこそできる仕掛け!…

学びの「設計」思考がない教員は絶滅する〜具体例で学ぶ設計視点〜

場の価値の最大化を図るために、 「学びの設計」ができない教員は、映像授業やAIなど、 「人間はないもの」にとって代わられてしまうでしょう…! ◯ケーススタディで考える 例えば、あなたの担当するクラスに関連する以下の3種類のプリントがあるとします。 ①…

定期試験日の朝のHR、あなたが担任なら何を心がける?〜私はここを見る〜

侍JAPANがこのまま逃げ切れそうなので、1つ記事を書こうと思いました。笑 卒業式シーズン、であると同時に、在校生にとっては学年末試験のシーズンです。 学年末試験に関わらず、定期試験が年間で言えば10日ほどあります。 年間授業日数がどんな学校でも大…

国公立入試初日に考える進路指導の極意 〜カウンセリング・マインドも一緒に〜

ついに、高3の生徒たちが国公立入試を迎えました。 朝から部活動指導をしながらそわそわしましたが、ここまで頑張ってきた、生徒たちの健闘を祈るばかりです。 後輩たちも、「あああ〜〜来年は〜〜〜自分たち〜〜〜〜〜」と声にならない叫びをあげながら練…

中学校の学習指導要領改訂案で気になったこと5つをまとめてみた(総則編)

私が気になったポイントを5点まとめてみます。 ①カリキュラム・マネジメントできない学校はまずいよ! ついに!というのが私の第一印象です。といっても、いったいカリキュラム・マネジメントとは何なのか。。あやしいカタカナです。そこで、3段階に分けて…

なぜ学校に行くのか?に一言で答えるなら‥?

この学年末の繁忙期にwifiが不調をきたし、久々の更新になってしまいました。 約1週間でしょうか、スマホでいいから書きたい書きたいと思いつつも、半端な記事は書きたくないなあという(不要な)プライドが邪魔しました。 2月となれば、学年末に向けて、1年…

どんな感情も「すっと抑えられる」相談の乗り方とは?〜解決策を考えてしまうあなたに〜

職業柄、いろいろな相談にのります。 この時期であれば、中学生は生活(人間関係・部活動・来年度のクラスetc)のこと、高校生であれば、特に高3のセンター試験後の受験校選定(を余儀なくされた生徒)の相談が増えてきます。 また、家庭との連携もあるため…

担任として生徒に嫌われることよりつらいこと

前回の記事で、教育困難校の現場で奮闘される先生の声を紹介しました。 コメント欄には、「異動先は基本は選べないですからね」という現役の先生からのコメントも。 yacchaesensei.hatenablog.com これは記事中で言及できなかった公立と私立の大きな違いでし…

教育困難校で働いている先生方がつぶれないためには?〜先生のダイアリーを読んで〜

anond.hatelabo.jp 今日は書こうと思っていた内容があったのですが、こちらのダイアリーが目に留まり、同じ教員として書かずにはいられなくなりました。 はじめにスタンスを明確にしますが、私は教育困難校で生徒に真摯に向き合い、働いている先生方を尊敬し…

何歳でも、ぐっと沁みるボブ・ディランの歌詞を紹介したい。

ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディラン氏。 実は私はボブ・ディラン氏のことも、曲も詳しくありません。 それでも、この曲は是非紹介したい!と思うのです。大人も子どもも、ビジネスでも教育でも、知っておいて損はないはずです。 私の場合は教員ですので…

まとまりのあるクラス=良いクラスとは限らない?〜マンガ『MAJOR』の大名言〜

皆さんが通っていた学校のクラスは、まとまりがあったでしょうか? 私が勤めている学校では、保護者や生徒に「学校生活アンケート」を行い、毎年の学校運営に反映させています。 その中の保護者向け質問項目で、「子どものクラスはまとまりのあるクラスか?…

質問づくり×教室のゴミ箱 〜ビニールごみは持ち帰らないといけない?〜

突然ですが、私の勤めている学校では、教室に燃えないゴミを捨てるゴミ箱がありません。あるのは、(片手で簡単に持てるような)小さな燃えるゴミのゴミ箱だけ。 前々から思っているのですが、これ、よくわからない学校のルールなんですよね。学校というのは…

良い組織に欠かせないこと。〜教員も、学び合う〜

今週はしっかりブログを書こうと思っていたものの今日も遅くなってしまいました。 というのも、同僚の先生方と夜ご飯兼授業振り返り会をしていたからです。 (本当は公式な振り返り会があるのですが…笑) ちょうど今週は、授業公開週間のような形で、互いの…

教えない授業で用語を楽しく定着させてみたら威力が絶大だった話。

先日こちらの記事を書きました。 yacchaesensei.hatenablog.com このブログをお読み頂いている方は同業者の方や保護者の方、教育に興味のある方が多いと思うので、手の内(そんなに手数はないが)はなるべく公開しています。というか、それ(生徒の学びの共…

用語を楽しく定着させる授業方法〜理科・社会の用語もこれでいける?〜

土日は風邪でダウンしていたので記事が書けませんでした。。。 にもかかわらず、結構なアクセス数で感謝です。はてなブログProにする機会を逸し続けてもうすぐ90記事。どうしようかなあ。やっぱりProにするなら始めからだったんだろうなあ。。。 さて、本題…

学年関係なし!ふせんで質問力を鍛える授業報告!〜企業研修・チームづくりにも使える〜

今日は以前ご意見を頂戴した記事↓の授業実践報告です! yacchaesensei.hatenablog.com 一言で言うと、 生徒がグループで作成した資料(新聞のようなもの)を読み、1枚のふせんに、自分で考えた「本質的な質問」を書く。という授業です。 ただ、「読む」で終…

ふせんを敢えて1枚しか使わないのはあり?なし?〜ビジネスにも使える活用法〜

今日は意見を頂きたい記事です。 (この発信力に乏しい弱小ブログの用途として、「意見を頂きたい」は微妙かもしれませんね.笑..) みなさんもお使いになっているでしょう、ふせん。 KJ法など、ふせんを使ったワークショップは今や知らない人はいないのでは…

生徒が安心感を持って過ごせる教室に必要なことは?

今日は尊敬してやまない先生の授業を見学させていただきました。たまたま今年自分のクラスの授業をお持ちだったことも運が良かったです。 とにかく、この先生は人格者であり教育者。周りに安心感を与えます。 私のクラスの生徒も例に漏れず、安心して楽しく…

業務改善・仕事の参考になった本5選!〜すぐ理解・実行できる〜

所属は何であれ、社会人になれば「仕事」は欠かせないもの。 ということで、業務改善・仕事の参考になった本5選を紹介したいと思います。

明日から使える業務改善!〜仕事を減らす8原則〜

今日は偉い先生とお話しするタイミングがありました。 学校の仕事について、多岐に話が及びました。この偉い先生は、いつでもウェルカム(生徒に好かれる先生は、皆そうですね)して下さるので、とても話がしやすく、つい話し込んでしまいます。 しかし、そ…

賞状をもらったとき、生徒が喜ぶ+すぐできるたった1つの工夫

体育祭・合唱祭・HR対抗など、学校行事には「賞状」がつきものです。 部活動や社会貢献活動でも賞状をもらえたりしますよね。 皆さんも学校に通っていたとき、朝礼で賞状を授与される瞬間をみたことがある人が多いのではないでしょうか? 今日は、生徒からも…

話を「きく」ときに意識している2つのこと〜使える「あいづち」とは〜

最近、入試を控えて悩んでいる生徒、文理選択や選択科目で迷っている生徒、人間関係で悩みを抱える生徒とじっくり話をする機会が多いです。というか、話を「きいて」います。 話を「きく」ときに意識することはケースバイケースだと思いますが、今日は①根本…

学校選びはココをみて!〜広報担当教員が思うポイント3つ〜

3連休、1日しか休めず更新が2日止まってしまいました〜残念! 合唱コンクール、部活動の大会、広報業務、などバタバタの1週でした… さてさて、今日のお題は最後の広報業務。 私学は広報業務が欠かせません。つまり、生徒募集です。 首都圏には約300校の…

トマトとメロン、どっちが良い?〜やけのやんぱちで暴れたりしているトマト〜

みなさんには好きな詩がありますか? 教員の引き出しとして、詩集や名言集はかなり重宝します。 ちなみに、世界最古の詩は、紀元前3000年前後に作られたとされる、『ギルガメシュ叙事詩』。世界史でも必ず学ぶ内容です。ギルガメシュと親友エンキドゥの物語…

初めて会った子どものトイレの面倒までみた話〜特別支援学校で学んだこと〜

介護等体験という制度をご存知でしょうか? 今、小中学校の教員になろうとする人は、必ず「障害者,高齢者等に対する介護,介助,これらの者との交流等の体験」を「7日間以上」しなければなりません。 資料1-3:平成9年介護等体験特例法の概要:文部科学省 …

ほめることが見つからない生徒をどうほめる?〜信頼し合うチームづくりのコツ〜

担任をもっていると、なかなかほめるところが見つからない生徒が必ずいます。 ほめるところがない生徒はいないのですが、どうしても目立つ子ばかり印象に残るのが人間です。そうでない子は、ほめるところがワンパターンになってしまったり、記憶をさぐってほ…

怒るは×で、叱るは◯? 〜あえて怒る必要性〜

今日はどうしても生徒に厳しく指導しなければならないことがありました。注意しなければならないことは、毅然とした態度で注意しなければなりません。 しかし、私は厳しく指導することが苦手です。 厳しく指導すること、注意することはとても気を使いますし…

句読点を打ちすぎる子ども…劇的に改善した一言とは?

中学生の文章をみていると、いろいろな「クセ」を持っている子がいます。 その中でも、「うーん、どうしよう」と頭を抱えたのが、 句読点を打ちすぎる、というクセです。 「私は、今日は、国語の、勉強を、しっかりと、しました。先生は、少しずつ、漢字を練…

『1行バカ売れ』で、子どもの学びを面白くできる!?

教育の現場にいるからこそ、教育界とは一見関係ないものからもヒントを得よう、と思っています。今回読んだのはこの本。 1行バカ売れ (角川新書) 作者: 川上徹也 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2015/08/07 メディア: 新書 この商品を含むブロ…

最強の合唱曲10選!(打線組んだ)

秋、合唱コンクールの季節ですね。 生徒たちの歌声に元気付けられる(それまでのいざこざがあるからこそ笑)行事です。 多くの方が経験してきた合唱コンクール。だからこそ、今日は完全なる独断と偏見で、これは歌いたい!!と思う10曲を打線にしてお伝えしま…

学校に行きたくない、にどう接するか

9月は、教員にとってまた一つ注意していなければならない時期と言えます。 9月病 永遠にも感じられた輝かしい夏休みが終わり、新学期が始まることによって気分が落ち込む状態。残暑も厳しく、身体的にもつらい。少し日が短くなってきたことも哀しい心に追い…

自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ

皆さんには「好きな詩」はあるでしょうか? 昨日はある尊敬する方々と久々に再会し、いろいろなお話をさせて頂きました。 楽しい会話の最後に、詩の話で盛り上がったんですね。 ○詩の歴史は深い 歴史的に最も古いとされるのは、 メソポタミア(「2つの川の…

教育の「罠」があるとしたら、なんだろう。

教育に携わっていると、あれもこれも、と思ってしまいがちです。 私はこれが、教育の罠だと思っています。 教育には「これをやる」という発想はよくでますが、 「これをやらない」という発想が本当に抜けがちです。(自戒もこめて) ◯「あれもこれも」で失敗…

教育と管理って合性悪い・・・?

夏休みが終わり、9月に入っても皆元気に学校に来てくれています。 他の先生方からも、 「先生のクラスは活発だし、やるときはやるって感じでいいね〜」 「元気な子が多いし、みんな表情が明るいよね〜」 という言葉を聞かせてもらったりします。 そういうこ…

教員の商売道具は、「知識」なのだろうか。

あなたの「商売道具」は何ですか?と言われたら、何と答えますか? これを考えるきっかけになったのは、散髪をお願いしている美容師さんとのこんなやりとりでした。 ◯美容師さんと私の会話 私「美容師さんのはさみとかポーチとかって全部私物なんですか?」 …